5失点で王者に賛辞

 フランクフルトは2日、ブンデスリーガ第19節でバイエルン・ミュンヘンと対戦し、敵地で0-5と大敗した。アルミン・フェー監督は、バイエルンに賛辞を送っている。

 前半に2点を先行されたフランクフルトは、後半にも3失点。リーグ戦4試合ぶりの黒星を喫した。フェー監督は試合後、次のように話している。バイエルンの公式サイトが伝えた。

「前半は相手をなんとかある程度のチャンスに抑えることができた。だが、その後だ。これほど強いバイエルンは見たことがない。彼らは全員、年俸に値する選手たちだね。サッカーをどんなに楽しんでいるか! そして、あのプレースピード!」

「我々は深い位置で堅い守りを見せようとしたが、完全に無理だった。結果も内容にふさわしかったね。彼らは素晴らしい。絶賛するしかなかった。我々のベストメンバーでも、チャンスはまったくなかった」
▼関連リンク
ブンデスリーガ2013-14特集
世界のサッカー情報はgoal.com

この記事はゲキサカより引用しています。

フランクフルト監督、バイエルンにお手上げ「絶賛するしかない」【拡大】

 フランクフルトは2日、ブンデスリーガ第19節でBミュンヘンと対戦し、敵地で0-5と大敗した。アルミン・フェー監督は、バイエルンに賛辞を送っている。

 前半に2点を先行されたフランクフルトは、後半にも3失点。リーグ戦4試合ぶりの黒星を喫した。フェー監督は試合後、次のように話している。バイエルンの公式サイトが伝えた。

 「前半は相手をなんとかある程度のチャンスに抑えることができた。だが、その後だ。これほど強いバイエルンは見たことがない。彼らは全員、年俸に値する選手たちだね。サッカーをどんなに楽しんでいるか! そして、あのプレースピード!」

 「我々は深い位置で堅い守りを見せようとしたが、完全に無理だった。結果も内容にふさわしかったね。彼らは素晴らしい。絶賛するしかなかった。我々のベストメンバーでも、チャンスはまったくなかった」(Goal.com)

試合結果へ

この記事はサンケイスポーツより引用しています。

 2020年の東京五輪開催を控える日本。その五輪や国際大会に出場する世界屈指のアスリートが練習の段階から使い込む公式球メーカーとして知られるのが、広島市に本社を置くミカサとモルテンだ。バレーボール、サッカーボールなどでは両社で国内市場のほぼ100%を占める。なぜ広島が「ボール王国」なのか。そのルーツを探ると、砂鉄と木炭を使った日本古来の「たたら製鉄」という意外な答えにたどり着く。

■ボールづくりは「…

 2020年の東京五輪開催を控える日本。その五輪や国際大会に出場する世界屈指のアスリートが練習の段階から使い込む公式球メーカーとして知られるのが、広島市に本社を置くミカサとモルテンだ。バレーボール、サ…続き (2/4)

 岐阜県の中央部に位置し、長良川と吉田川が流れる郡上市。奥美濃の小さな城下町には徹夜の盆踊りで知られる「郡上おどり」とともに、全国的に有名な特産物がある。それは人々の食欲を刺激し、外食産業を支えてきた…続き (1/2)

 東京都の西北、埼玉県と接する瑞穂町。ここに世界の空を支える工場がある。IHI航空宇宙事業本部の瑞穂工場。日本で最初にジェットエンジンを生産した同社の歴史を受け継いだ国内最大のジェットエンジン組み立て…続き (2013/12/30)

この記事は日本経済新聞より引用しています。

大阪・南港ATCにて人気漫画が題材の「進撃の巨人 調査兵団資料館」が1/31(金)~2/16(日)開催!

大阪・南港の複合型商業施設ATCにて諫山 創原作の人気漫画・アニメ「進撃の巨人」を題材にしたイベント「進撃の巨人 調査兵団資料館」が1/31~2/16(日)に開催される。

 同イベントでは、「進撃の巨人」に登場する「立体機動装置」の実物大の立体展示や、キャラクターの等身大パネル、制作資料などの展示が行われる。さらに、原作者・アニメ出演声優の直筆サイン色紙の展示や、壁を破った巨人の姿を再現した窓枠装飾、巨人になりきって写真撮影ができるフォトロケーションコーナーなど、ファン必見の演出も多数。

また、グッズ販売コーナーではここでしか手に入らないイベント限定グッズも販売されるので、ぜひとも会場へ行って記念グッズをゲットしよう。

【文=関西ウォーカー編集部/近藤智樹】

この記事はウオーカープラスより引用しています。

絹株式会社
「デパ地下人気スイーツ・マイモンミルクシュー」(【進撃の巨人 調査兵団資料館】in 大阪南港ATC)の期間のみの販売。

今回イベントを行う南港ATCは、2月だけでも【進撃の巨人 調査兵団資料館】をはじめ様々なイベントが催されています。

「マイモンのミルクシュー」は、新鮮な卵と生クリームを贅沢にたっぷりと使用し、新鮮なミルクをふんだんに使用したミルククリームはとっても濃厚なのに、しつこくない上品な甘さが自慢です!バターと小麦粉を絶妙なバランスで配合したシュー生地は、こんがりと焼いて、ふっくらと香ばしい香り。
そして、焼き上がったふっくらシュー生地の中には、とろーりと濃厚なミルクのクリーム。
ふわふわのシュー生地から、とろけるようなミルククリームが、お口全体に「ふわぁ~」と広がる食感は世代を問わずに多くの方にご好評いただいております。

================
■マイモン
================
開催日程:2014年1月31日(金)~2月16日(日)
開催場所:【大阪南港ATC】ITM2F特設会場入口付近
開催時間:10:00~19:00

一日に2万個を売り上げるミルクシューやオリジナル商品を全国で販売する人気スイーツ店。
マイモンで販売する商品は、新鮮な原材料のみを使用し、原材料の産地表示はもちろんのこと
防腐剤や添加物を一切含んでおらず、お子様も安心してお召し上がりいただける。
オープン以来、老若男女幅広いお客様から愛されている。

URL:http://e-xito.jp/
——————————
■マイモンのこだわり
——————————
新鮮な原材料のみを使用したマイモンのスイーツ。
原材料の産地表示の徹底はもちろんのこと、体への影響が懸念される防腐剤は一切使用しておりません。
安心・安全なお菓子作りが、マイモンのこだわりです。マイモン一番人気はミルクシュー。
2時間以上コトコトを炊き上げた、とろ~りとしたミルククリームは、濃厚なのにあっさりとしていていくつでも食べれちゃう逸品!
総販売数100万個を達成したスイーツ界のニューフェイスです。

データ提供

この記事はMSN産経ニュースより引用しています。

「進撃の巨人」とスバル「フォレスター」とのコラボCM「FORESTER 進撃」編の1シーン(C)諫山創/講談社

 人気マンガ「進撃の巨人」に登場する“巨人”が実写化されている富士重工業(スバル)のSUV車「フォレスター」とのコラボCM「FORESTER 進撃」編の動画の再生回数が27日、500万を突破した。CMは、2015年公開予定の実写映画を手がける樋口真嗣監督がメガホンをとり、全長50メートルを超えるといわれる“超大型巨人”を実写化。24日の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)内でのテレビ放送直後から、特設サイトで動画が公開されていた。

 コラボCM「FORESTER 進撃」編は、山岳地帯を走行するフォレスターに巨人が次々と襲い掛かる、という内容で、フォレスターの行く手を阻もうと地表から姿を現す超大型巨人も描かれている。特設サイトでは、CM本編に加え、絵コンテや撮影風景の一部、樋口監督のインタビューなど公開中。

 「進撃の巨人」は、諫山創さんが09年9月から月刊マンガ誌「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の人気マンガ。圧倒的な力を持つ最大約50メートルの巨人たちを相手に人類が絶望的な戦いを挑む姿を描いたダークファンタジーで、コミックスの累計発行数は約2800万部を記録している。13年4~9月にテレビアニメも放送され、同年12月には、「平成ガメラ」シリーズなどで知られるの樋口監督を迎え、実写映画企画が再始動することが発表されていた。

この記事はマイナビニュースより引用しています。

 今、海外で最も勢いある日本のアニメが「進撃の巨人」だ。昨年、国内で放送が始まったテレビシリーズは既に30近くの国・地域で放送・配信され、どんどんファンを増やしている。原作漫画(講談社刊)にほれ込み、アニメ化を手掛けたのは新進の制作会社「WIT STUDIO」の和田丈嗣社長(35)だ。近年、韓国や東南アジアなどに押され気味といわれてきた日本のアニメに、むしろ強い将来性を感じているという。

■誰もが自分にひき付けて考えられる物語

――原作のどこが気に入ったのか。

 和田丈嗣(わだ・じょうじ)1978年生まれ。慶応大卒。「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」などで知られるアニメーション制作会社「プロダクション・アイジー」から独立し、2012年に「WIT STUDIO」を設立。「進撃の巨人」以外の作品に、昨年公開されたアニメ映画「ハル」など。

 人類が壁に囲まれて暮らしている。そのことに疑問を持った主人公が、外の世界を見ようとしたら巨人に襲われる、という物語は、日本のあらゆる世代に加え、海外の人々にも通じると思った。それまで大学という壁の中で守られていたのに、卒業と同時に終身雇用が終わった実力社会に放り出される日本の若者とか。競争の激しいグローバル社会で食うか食われるかの戦いを強いられる欧米のビジネスマンとか。誰もが自分に引き付けてとらえることのできる物語だ。個人的には、前の制作会社から独立して、外の世界に出たばかりの自分たちの境遇と、物語がまっすぐつながっているように感じた。

――映像表現で挑戦した点は。

壁を越えて人類に襲いかかる巨人(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

 ここ数年のアニメ界は、フルCGが可能な時代に何をなすべきかという課題を突きつけられていた。今回の作品で1つの答えが出せたと思う。「進撃の巨人」の映像の特徴は、立体機動装置(巨人と戦う少年たちが身につける装置)を付けた少年たちが、次々と街や森の中を飛び回るスピードの表現だ。これを実現する上で重要な役割を果たしたのが、キャラクターを鉛筆や紙を使わずタブレット端末で描くデジタル作画だった。すべてをデジタルで行うことによって作業効率を上げることができ、(動画を描く)アニメーターと(CGによる処理を担当する)CGチームとの連携が新しい映像表現を生み出した。アニメにおけるCGの活用という点で、1つの頂点に達したと思う。

 「進撃の巨人」とは 天敵である「巨人」から逃れるため、人類は高い壁を築き、その中で暮らすようになった。それから100年。平和に慣れ、過去の恐怖を知らない子供たちが壁の外を夢見るようになったとき、壁を超える大きさの巨人が人類に襲いかかる。主人公の少年エレンは母を捕食されたことを機に、幼なじみの少女ミカサと共に、立体機動装置を使った対巨人戦闘術を学び、兵士となる。「壁」や「巨人」は何の象徴か、人類は結局、何と戦っているのか。さまざまな解釈を呼ぶ物語が大きな魅力になっている。
 原作漫画は2009年秋から「別冊少年マガジン」で連載中で、国内での単行本の発行部数は累計3000万部。アニメは昨年4月に東京などで放送が開始され、秋に終了したが、現在は岩手県、山梨県、鹿児島県、愛媛県などで放送中だ。順次リリースされているDVDは、昨夏発売された1巻目だけで10万本を超えた。今年は実写版の映画の撮影も始まる予定だ。
 海外では原作漫画の単行本は8言語に翻訳され、10カ国以上で発売された。北米(66万部)や韓国(53万部)、台湾(42万部)では特にヒットしている。テレビアニメは欧米やアジア、北アフリカ、オーストラリアなど30近くの国・地域で放送・配信され、今後も放映エリアは増える予定だ。

 今、海外で最も勢いある日本のアニメが「進撃の巨人」だ。昨年、国内で放送が始まったテレビシリーズは既に30近くの国・地域で放送・配信され、どんどんファンを増やしている。原作漫画(講談社刊)にほれ込み、…続き (1/29)

 CTスキャンスライスチョップ! ジギタール(直腸診)フィンガーデスロック! AEDドロップキック! 前立腺卍固め!
 私は医師にして、日本でただ一人の“メディカル(医療)プロレスラー”、ドクター浅井。…続き (1/28)

 第56回グラミー賞の授賞式が26日(日本時間27日午前)、米ロサンゼルスで開かれる。世界最高峰の音楽賞といわれるグラミー賞。いったいどうやって選ばれるのか。日本人もノミネートされている今年、賞の裏側…続き (1/25)

この記事は日本経済新聞より引用しています。

諫山創「進撃の巨人」のメモスタンドが付属したカップ麺「カップヌードルライト進撃の巨人セット」が、本日1月28日より全国のローソン店舗にて販売されている。

セットには劇中に登場するキャラクターのデフォルメフィギュアをあしらったメモスタンドと、スタンドのフレームに差し込んで使用するカードを同梱。カードは「外出中!」「食事中!」「会議中!」と記載されたものと、ホワイトボード用のマーカーを使って書き込める、無地の吹き出しをデザインした計4枚が用意されている。

メモスタンドのラインナップは、エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイの全4種類。スタンドには連結用のジョイントが付いているので、4人を机の上に並べてディスプレイしてみては。価格は498円。

この記事はナタリーより引用しています。

「進撃の巨人」とスバル「フォレスター」とのコラボCM「FORESTER 進撃」編の1シーン(C)諫山創/講談社 写真を拡大写真特集

 人気マンガ「進撃の巨人」に登場する“巨人”が実写化されている富士重工業(スバル)のSUV車「フォレスター」とのコラボCM「FORESTER 進撃」編の動画の再生回数が27日、500万を突破した。CMは、2015年公開予定の実写映画を手がける樋口真嗣監督がメガホンをとり、全長50メートルを超えるといわれる“超大型巨人”を実写化。24日の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)内でのテレビ放送直後から、特設サイトで動画が公開されていた。

 コラボCM「FORESTER 進撃」編は、山岳地帯を走行するフォレスターに巨人が次々と襲い掛かる、という内容で、フォレスターの行く手を阻もうと地表から姿を現す超大型巨人も描かれている。特設サイトでは、CM本編に加え、絵コンテや撮影風景の一部、樋口監督のインタビューなど公開中。

 「進撃の巨人」は、諫山創さんが09年9月から月刊マンガ誌「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の人気マンガ。圧倒的な力を持つ最大約50メートルの巨人たちを相手に人類が絶望的な戦いを挑む姿を描いたダークファンタジーで、コミックスの累計発行数は約2800万部を記録している。13年4~9月にテレビアニメも放送され、同年12月には、「平成ガメラ」シリーズなどで知られるの樋口監督を迎え、実写映画企画が再始動することが発表されていた。

この記事はまんたんウェブより引用しています。

 人気コミック「進撃の巨人」に登場する巨人を、製作進行中の映画版に先駆け実写化することで話題を呼んでいたテレビCMが24日、「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ)内で放送された。実写版を手掛ける樋口真嗣監督がメガホンを取った映像には、女型と男型、さらに超大型巨人が登場。特撮技術を駆使し、原作のえもいわれぬ巨人の不気味さが再現されている。

 同CMは、自動車メーカーのスバルと「進撃の巨人」のコラボレーションプロジェクトとして、一度だけテレビ放送されたもの。現在はプロジェクトの特設サイトで公開されている。山岳地帯を走る同社のSUV・フォレスターを捕食しようと迫る巨人と、その襲撃を軽快にかわす車両、そして巨人の襲撃を走り抜けたその先で、地面から姿を現す超大型巨人が描かれる。

 映画『巨神兵東京に現わる 劇場版』を手掛け、平成「ガメラ」3部作で特技監督を務めたことでも知られる樋口監督。それだけに、CM製作にあたっても特撮技術がフル活用された。女型と男型の巨人は役者にメイクを施して作成。一方の超大型巨人は模型ながら、7人もの力でコントロールされている。

 崩れる岩や大型巨人が発する蒸気も本物で、これらをフォレスターが世界五大陸を走破した「フォレスター ライブ」プロジェクトの素材と合成。日本の特撮界を長年支え、経験を蓄えてきた樋口監督とそのチームならではの映像が完成した。映画版の撮影は2014年夏を予定しており、撮影に向けた感触をつかむまたとない機会になったことは間違いない。

 「進撃の巨人」は、別冊少年マガジン(講談社)で連載中の人気漫画の映画化作品。突如出現した謎の巨人によって滅亡の危機に直面し、巨大な壁の内側で生きる人類の戦いを描く。原作者の諫山創もアイデアを提供し、映画『GANTZ』シリーズの渡辺雄介、そして映画評論家の町山智浩が脚本を手掛ける。(編集部・入倉功一)

映画『進撃の巨人』は2015年公開予定

【関連情報】

「進撃の巨人×スバル フォレスター」プロジェクトサイト 「進撃の巨人」×スバルコラボCMフォトギャラリー 「進撃の巨人」実写映画化が再始動!監督は樋口真嗣!

この記事はMSN エンターテイメントより引用しています。