弁当チェーン店「ほっかほっか亭」は2014年3月6日から26日までの期間限定で、人気アニメ「進撃の巨人」とコラボした「進撃の巨人弁当」を発売する。

   作中の世界観を再現した弁当。混沌とした世界を表した紫色の容器は「ウォールローゼ」などの「壁」を表現している。

   メニューは「超大型巨人」をイメージした大きな肉とタルタルソースを組み合わせた「タルタルチキン」、登場人物であるサシャからインスパイアした「ポテトサラダ」など。総カロリーは1119キロカロリーという「超大型巨人級のボリューム」の弁当に仕上がった。

   また、弁当の買い上げ個数に応じてオリジナルグッズがプレゼントされる。1つ購入すると「エレン」「ミカサ」などのキャラクターラバーストラップがもらえ、3つ購入で「1/8リヴァイ(お掃除版)」のプレゼントキャンペーン(抽選で50人)に応募できる。

   価格は590円。<モノウォッチ>

この記事はJ-CASTニュースより引用しています。

 東映特撮ドラマ『仮面ライダー』シリーズやアニメ『進撃の巨人』『ジョジョの奇妙な冒険』、2005年にテレビ東京系の深夜枠で放送された『牙狼<GARO>』など代表作が枚挙にいとまがない脚本家・小林靖子。そんな彼女に、2014年3月、『牙狼<GARO>』ファンの間でも、高い人気を誇っていたゼロこと魔戒騎士・涼邑零を主人公にした劇場版新シリーズ『絶狼 <ZERO> ‐BLACK BLOOD‐ 』の見どころや、アニメの「シリーズ構成」という仕事、そして人気アニメの実写化の現状などを聞いた。

 2005年にテレビ東京系の深夜枠で放送された『牙狼<GARO>』は、テレビドラマの水準をはるかにしのぐクオリティーで、特撮ファンの間でも大きな話題となった。その後、シリーズ化された『牙狼<GARO>』は、劇場公開版やゲームなどのメディアミックスを展開し、成功を収めている。

 小林と『牙狼<GARO>』シリーズの接点は、2011年から放送された『牙狼<GARO>~MAKAISENKI~』第5話の脚本を担当したところにさかのぼるが、「雨宮(慶太)監督から『もう一度やりませんか?』って声をかけていただいたんです。最初は1本の映画という企画だったのですが、紆余曲折を経てテレビシリーズで6本、そしてそれを劇場公開するということになったんです」と本作を執筆した経緯を語る。

 本作で主人公を務めたのが『牙狼<GARO>』シリーズでも登場していた藤田玲演じる魔戒騎士・涼邑零。「雨宮さんが『とにかく格好いい零を見せたい。牙狼シリーズでは出せなかった零を描きたい』と仰っていたんですね。(前シリーズの主役・冴島)鋼牙と比べると零は人間ぽい部分があったので、キャラ同士の絡みでちょっと冗談を言えるような軽いテイストにすると零の魅力が出るのではないのかなという所は意識しました」。新たな一面を見せた零は、人間味あふれる姿でスクリーンを躍動するが、「今回はキャラクターが転がっていくというよりも、ライブ感あるストーリーが物語を引っ張っていった感じですね。初めての経験なのですが、プロットを作らず、いきなりシナリオを書いたんです。週刊連載みたいなノリですね」と小林は執筆秘話を明かした。

 『進撃の巨人』や『ジョジョの奇妙な冒険』など大人気アニメの「シリーズ構成」を担当している小林。一般的には聞きなれないポジションだが、いったいどんな役割を担っているのだろうか?「例えば原作ものがあると、テレビの尺(1話何分で、何話放映か)を考慮して、1話ごとにどのような場所で切ったらいいのかを考えて、各脚本家さんに発注するような仕事ですね。アニメの交通整理というか現場監督。基本的には、シリーズの方向性などを決めるために第1話はシリーズ構成が脚本を書くんですね。余裕があればその後も自分で書くのですが、アニメの現場ってコンテマン(絵コンテライター)さんが5人いれば、5つの物語が進行できるので、本を早く欲しがったりすることもあるんです。そうなると同時に何人かの脚本家さんにシナリオを頼まなくてはならないので」。

 さらに小林は、「どれだけ人気のある作品でも漫画とテレビアニメだと、見る人の数が全然違うと思うんです。テレビアニメって特に興味がない人でも、何となく見る人も多いので、その作品のことが好きじゃない人が見ても面白いって継続してもらえるように、作品初心者も切り捨てないような切り口は監督と相談します」と人気アニメを手掛ける際に心掛けていることを明かすと、「基本的には原作を尊重します。もちろん漫画のコマとアニメは進行が全然違うので、間に何かを入れないと繋がらないときは足したりします。ギャグ漫画とかは、色々なネタを入れたりすることによって、より魅力的になることもありますが『進撃の巨人』のような作品は原作に忠実に描いた方がいいですね」と付け加えた。

 小林が手掛けている『進撃の巨人』をはじめ、人気漫画・アニメの実写映画化は近年のトレンドになっている。「『進撃の巨人』の実写化の話を聞いたときは『えぇ~』って驚きましたよ。率直に大変だなって(笑)。少女漫画って日常を描いていることが多いので実写化しやすいじゃないですか。でも少年漫画って、とんでもない設定が多いので、お金かかるだろうし、それに見合ったヒットってなかなか難しいのが現状だと思います。(『進撃の巨人』実写版の監督の)樋口(真嗣)さんは特撮が大好きな監督さんなので、面識があるんですね。だから余計に大変だな~って思いましたね(笑)」。

 そんな小林に、「もしアニメの実写映画化の脚本を書きませんか?」という話があったらどうするかを聞いてみると、「作品によるかもしれませんね。大変すぎるので(笑)。まあ、脚本は普通に書けばいいのですが、映像にしたときのことを考えると、あまり突拍子のないものを書いても……。お金もかかりますしね。ただ、脚本段階であまり『こんなの無理だろう』ってブレーキをかけちゃうと、小さな本になってしまうので、あまり萎縮はせずには書くんでしょうけど(笑)」と苦笑いを浮かべながら胸の内を明かしてくれた。

 「主役の零と(武子直輝演じる)カイン、(梨里杏演じる)ユナとの絡み、これまでとは一風変わった敵である、セイン・カミュさん演じるリング、それについている(野本かりあ演じる)イユなどキャラクターたちとのやり取りが、映画の一本のシーンになっている部分を見て欲しい」と本作アピールした小林。さらに「高野八誠さん演じる『仲井間』というキャラがいるのですが、いい人でもなく凄く悪い人でもない、極端に言うとネズミ男みたいなんです。お気に入りのキャラなのでぜひ注目してください」と脚本家ならではの視点で見どころを語った。(取材・文:才谷りょう)

 映画『絶狼 <ZERO> ‐BLACK BLOOD‐ 白ノ章』は絶賛公開中。『絶狼 <ZERO> ‐BLACK BLOOD‐ 黒ノ章』は3月22日より、シネ・リーブル池袋ほか、全国8館にて公開。

この記事はMSN エンターテイメントより引用しています。

2014年03月06日 22時39分 [拡大写真] 3月1日に開催された『第八回声優アワード』授賞式の模様 (C)De-View 声優アワード、梶裕貴が2年連続主演男優賞 『進撃の巨人』エレン役  最も印象に残る声優や作品を表彰する『声優アワード』。今年度・第8回の主演男優賞に輝いたのは、昨年のヒットアニメ『進撃の巨人』で主人公エレン・イェーガーを演じた梶裕貴で、昨年に引き続き、2年連続で同賞受賞を果たした。

 主演女優賞は『とある魔術の禁書目録』などの“とあるシリーズ”で御坂美琴役を演じた佐藤利奈、助演男優賞は『ちはやふる』の綿谷新役などの細谷佳正、助演女優賞は『進撃の巨人』ミカサ・アッカーマン役の石川由依が選出。新人賞は石川界人、山下大輝、内田真礼がそれぞれ受賞した。

 声優自らの名前、もしくは演じている役名で歌唱を発表している者に贈られる歌唱賞は、昨年秋に男性声優ソロ初の武道館ライブを行った宮野真守。宮野は第6回同アワードで、アニメ『うたの☆プリンスさまっ♪』に出演した男性声優で結成されたユニットST☆RISHの一員としても、同賞を受賞している。

 故人の中で長きに渡り外画を含め多くのジャンルに貢献した声優を表彰する特別功労賞は、『北斗の拳』ラオウ役で知られる内海賢二さん(享年75)、アニメ『地獄先生ぬ〜べ〜』のナレーションを務めた来宮良子さん(享年82)に贈られた。

 また、昨年10月に亡くなった漫画家・やなせたかしさん(享年94)の『アンパンマン』より、25年以上アンパンマンの声を務めている戸田恵子と、ばいきんまん役の中尾隆聖に特別賞が授与された。

 各賞受賞者は下記のとおり。

『第8回声優アワード』
■主演男優賞:梶裕貴(2年連続)
■主演女優賞:佐藤利奈
■助演男優賞:細谷佳正
■助演女優賞:石川由依
■新人男優賞:石川界人、山下大輝
■新人女優賞:内田真礼
■歌唱賞:宮野真守
■パーソナリティ賞:該当者なし
■最多得票賞:神谷浩史(3年連続)

■特別功労賞:内海賢二・来宮良子
■功労賞:キートン山田、納谷六朗
■シナジー賞:『ガールズ&パンツァー』
■富山敬賞:三木眞一郎
■キッズファミリー賞:比嘉久美子
■高橋和枝賞:三石琴乃
■特別賞:『アンパンマン』より戸田恵子(アンパンマン役)、中尾隆聖(ばいきんまん役)

関連リンク 最新の写真ニュース一覧はこちら! <声優アーティスト特集>音楽シーンをにぎわす声優アーティストたち <受賞声優が勢揃い>人気漫画『アオハライド』テレビアニメ化 メインキャストは内田真礼&梶裕貴 (14年01月24日) <受賞声優が勢揃い>1月アニメ『ノラガミ』神谷浩史、内田真礼、梶裕貴らキャスト発表 (13年10月04日) 【2014冬アニメ】オリジナルアニメから新しい潮流は生まれるか!? (14年01月01日) 【2014冬アニメ】ショートアニメ『うーさー』『関くん』『575』 (14年01月01日) 人気声優・鈴村健一&神谷浩史、映画『平成ライダー対昭和ライダー』に出演 (14年02月22日) “うたプリ”声優の寺島拓篤、ツイッター被害「アカウントを削除」 (14年02月20日) ユーザー発信「パロディ」で爆発的ヒット『進撃の巨人』 (13年11月30日)  

この記事はORICON STYLEより引用しています。

「ENERGY Pocket(ケータイ充電器)6000mAh 進撃の巨人」(c)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

諫山創原作のTVアニメ「進撃の巨人」をモチーフにしたモバイルバッテリー、「ENERGY Pocket(ケータイ充電器)6000mAh 進撃の巨人」がラナより発売される。

表面に劇中に登場する剣・半刃刀身を手にしたエレンとリヴァイ兵長を、裏面に調査兵団を象徴する「自由の翼」の紋章をデザインしたこのバッテリー。充電は本体下に収納されたマイクロUSBコネクタを、スマホやゲーム機、ミュージックプレイヤーなどに接続して行う。またマイクロUSBが搭載されていないデバイスの充電にも対応。バッテリーを振るとライトが光り、電池の残量を知らせてくれる機能も付いている。

価格は5250円。ショッピングサイトのラナタウンにて予約を受け付け、商品は4月上旬より順次発送される予定だ。

この記事はマイナビニュースより引用しています。

諫山創原作のTVアニメ「進撃の巨人」をモチーフにしたモバイルバッテリー、「ENERGY Pocket(ケータイ充電器)6000mAh 進撃の巨人」がラナより発売される。

表面に劇中に登場する剣・半刃刀身を手にしたエレンとリヴァイ兵長を、裏面に調査兵団を象徴する「自由の翼」の紋章をデザインしたこのバッテリー。充電は本体下に収納されたマイクロUSBコネクタを、スマホやゲーム機、ミュージックプレイヤーなどに接続して行う。またマイクロUSBが搭載されていないデバイスの充電にも対応。バッテリーを振るとライトが光り、電池の残量を知らせてくれる機能も付いている。

価格は5250円。ショッピングサイトのラナタウンにて予約を受け付け、商品は4月上旬より順次発送される予定だ。

この記事はナタリーより引用しています。

あの、あの、「進撃の巨人」の立体機動装置がボストンバッグになったみたいなんですぅ~!!! 憧れの立体機動装置がバッグになっちゃうなんてぇ~!!! しかも、予想以上におしゃれなデザインだなんてぇ~!!! これはもう、駆逐してやるしかないでしょう!!!

立体機動装置風ボストンバッグは、バッグブランド「master-piece」が手掛けたもの。立体機動装置をデイリーで使えるバッグとして再現していて、落ち着いた色目のシルバーナイロンと牛革パーツのコンビが大人っぽい雰囲気です。

立体機動装置の噴出口をイメージしたリール式キーホルダーが付属しており、また両サイドには調査兵団のロゴをモノトーンでプリントしています。アニメやゲームとコラボしたアパレル・雑貨を販売する「2PMWORKS」の限定商品とのことで、価格は2万2000円。発送は5月下旬~6月上旬の予定だそうです。

漫画やアニメのアイテムをモチーフにしているのにそれっぽくなくて、デイリーユースに耐えうるデザインではないでしょうかっ! このボストンバッグ、「master-piece」の自社工場の職人がひとつずつ手作りしているみたい。細部にまでこだわりが詰まっているようだし、進撃ファンのみなさんはぜひ入手してくださいませ♪

参照元:2PMWORKS
執筆=楠木サンダル (c)Pouch

この記事はPouch[ポーチ]より引用しています。

さまざまな商品やサービスとコラボしている大人気漫画『進撃の巨人』。つい最近もほっかほっか亭から、作品をモチーフにした弁当が発売されたばかりだ。

そんな同作のスマホゲームアプリ「進撃の巨人 ~自由への咆哮~」のテレビCMが放映されることが明らかになった。そして起用されたのは……和田アキ子さんである! きっかけはテレビアニメで “和田さんそっくりの巨人” が登場したことか!? ともあれ、これ以上ふさわしい人物はいないだろう。

・和田さん似の巨人

和田さんそっくりの巨人はアニメ第12話で登場している。放映された当時、ネット上で話題にもなった。その後、テレビ番組『アッコにおまかせ!』でこの話題が取り上げられており、和田さん自身もその事実を承知している。また2013年末の紅白歌合戦で、アニメ主題歌を歌った「Linked Horizon」が登場した際にも、この話題に触れられた。

・和田さんは巨人?

今回のCM起用は「和田アキ子 = 巨人」というイメージを決定付けるものになるに違いない。まあ今さら、イメージを決定付けなくても、和田さんがデカいことは周知の事実。ちなみに和田さんの身長は174センチである。

・まさか巨人に扮して……

なお、CMの内容については、今のところ不明。2014年3月20日に発表イベントが行われ、それ以降に実際にテレビで放映されることになると予想される。はたしてどんな内容になるのだろうか? まさか和田さんが巨人に扮して、人間を……! 考えただけでおぞましい……。

参考リンク:進撃の巨人 ~自由への咆哮~
イラスト:マミヤ狂四郎

0.000000 0.000000

この記事はロケットニュース24より引用しています。

   プリントロールケーキを発売するプリロールは2014年2月28日、「進撃の巨人」の主人公、エレン・イェーガーの3月30日の誕生日を記念したバースデープリロールを発売した。

   09年から別冊少年マガジン(講談社刊)で連載中の諫山創氏原作の「進撃の巨人」は巨人と人類の戦いを描いた物語で、13年にアニメ化され、同年12月には実写映画化が発表されるなど大人気の作品。

   主人公エレン・イェーガーの誕生日が3月30日で、それを記念したロールケーキが発売された。黄身まで白い卵を使ったパンケーキ生地に、可食インクで「名場面」と「ちみエレン」の2種類のデザインをそれぞれプリントした。限定のオリジナルステッカーも付いており、ファンがエレンの誕生日を祝うにぴったりの一品になっている。

   価格は1本2000円(税込み、送料別)。

   プリロールのサイトで販売中。<モノウォッチ>

この記事はJ-CASTニュースより引用しています。

 日田市大山町の、おおやま夢工房「豊後・大山ひびきの郷」で5日、漫画家諫山創さん(同町出身)の漫画「進撃の巨人」のイラストを描いた梅酒と梅果汁飲料の販売が始まった。県内外のファンが次々と訪れ、ひびきの郷限定イラストの商品を買い求めた。
 限定商品は人気キャラクターの「リヴァイ」が描かれた梅果汁飲料ビブラート(180ミリリットル入り、650円)。午前9時前から並んだという京都府の50代女性は10本を購入した。「大山町はファンにとっては聖地。来てよかった。保存用、観賞用にしたり、友人と一緒に飲みます」。
 この他、それぞれラベルに人気キャラクターをプリントした梅酒(3本セット、6500円)、梅果汁飲料(3本セット、2千円)も販売開始。ひびきの郷と道の駅水辺の郷おおやま(同町)、おおやま夢くらぶ(福岡市)で扱っている。セット商品は2月15日からインターネットで予約を受け付けているが、既に2千件を超える申し込みがあるという。
 ひびきの郷は「諫山さんはブログでも応援してくれている。地元を思う気持ちがありがたい。ぜひ今後も一緒に地域おこしをしていきたい」と話している。
 梅酒、梅果汁飲料は1人10セット、限定梅果汁飲料は1人10本まで。問い合わせはおおやま夢工房(TEL0973-52-3000)。

 日田市大山町の、おおやま夢工房「豊後・大山ひびきの郷」で5日、漫画家諫山創さん(同町出身)の漫画「進撃の巨人」のイラストを描いた梅酒と梅果汁飲料の販売が始まった。県内外のファンが次々と訪れ、ひびきの郷限定イラストの商品を買い求めた。  限定商品は人気キャラクターの「リヴァイ」が描かれた梅果汁飲料ビブラート(180ミリリットル入り、650円)。午前9時前から並んだという京都府の50代女性は10本を購入した。「大山町はファンにとっては聖地。来てよかった。保存用、観賞用にしたり、友人と一緒に飲みます・・・  [記事全文] 2014/03/06 10:06   【大分合同新聞】    ホーム   共同ニュース   地域ニュース

この記事は47NEWSより引用しています。

 最も印象に残る声優や作品を表彰する『声優アワード』。今年度・第8回の主演男優賞に輝いたのは、昨年のヒットアニメ『進撃の巨人』で主人公エレン・イェーガーを演じた梶裕貴で、昨年に引き続き、2年連続で同賞受賞を果たした。

 主演女優賞は『とある魔術の禁書目録』などの“とあるシリーズ”で御坂美琴役を演じた佐藤利奈、助演男優賞は『ちはやふる』の綿谷新役などの細谷佳正、助演女優賞は『進撃の巨人』ミカサ・アッカーマン役の石川由依が選出。新人賞は石川界人、山下大輝、内田真礼がそれぞれ受賞した。

 声優自らの名前、もしくは演じている役名で歌唱を発表している者に贈られる歌唱賞は、昨年秋に男性声優ソロ初の武道館ライブを行った宮野真守。宮野は第6回同アワードで、アニメ『うたの☆プリンスさまっ♪』に出演した男性声優で結成されたユニットST☆RISHの一員としても、同賞を受賞している。

 故人の中で長きに渡り外画を含め多くのジャンルに貢献した声優を表彰する特別功労賞は、『北斗の拳』ラオウ役で知られる内海賢二さん(享年75)、アニメ『地獄先生ぬ~べ~』のナレーションを務めた来宮良子さん(享年82)に贈られた。

 また、昨年10月に亡くなった漫画家・やなせたかしさん(享年94)の『アンパンマン』より、25年以上アンパンマンの声を務めている戸田恵子と、ばいきんまん役の中尾隆聖に特別賞が授与された。

 各賞受賞者は下記のとおり。

『第8回声優アワード』

■主演男優賞:梶裕貴(2年連続)

■主演女優賞:佐藤利奈

■助演男優賞:細谷佳正

■助演女優賞:石川由依

■新人男優賞:石川界人、山下大輝

■新人女優賞:内田真礼

■歌唱賞:宮野真守

■パーソナリティ賞:該当者なし

■最多得票賞:神谷浩史(3年連続)

■特別功労賞:内海賢二・来宮良子

■功労賞:キートン山田、納谷六朗

■シナジー賞:『ガールズ&パンツァー』

■富山敬賞:三木眞一郎

■キッズファミリー賞:比嘉久美子

■高橋和枝賞:三石琴乃

■特別賞:『アンパンマン』より戸田恵子(アンパンマン役)、中尾隆聖(ばいきんまん役)

この記事はMSN エンターテイメントより引用しています。