「auスマートパス Presents『進撃の巨人』プロジェクションマッピング」告知イメージ

諫山創「進撃の巨人」の単行本累計3000万部突破を記念し、4月10日、12日、13日の3日間にわたり、「auスマートパス Presents『進撃の巨人』プロジェクションマッピング」が神奈川県川崎市のミューザ川崎・ラゾーナ川崎プラザにて行われる。

60m級の超大型巨人が実物大で出現するというこのイベント。エレンやミカサも立体機動装置を駆使して空を舞う予定だ。諫山は「実物大の巨人をこの目で見られるなんて楽しみです。いい影響を受けて、自分のマンガに生かしたいと思える企画です!」とコメントを寄せている。

なおプロジェクトマッピングは誰でも閲覧できるが、特別観覧チケットも「auスマートパス」会員向けに販売。詳細はぴあ「uP!!!」内特設ページにて確認を。

auスマートパス Presents「進撃の巨人」プロジェクションマッピング

日時:2014年4月10日(木)20:00~、20:30~、4月12日(土)19:00~、19:30~、20:00~、20:30~、4月13日(日)19:00~、19:30~、20:00~、20:30~
場所:ミューザ川崎・ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場

この記事はマイナビニュースより引用しています。

60m級の”実物大巨人”が、川崎に出現!「進撃の巨人」プロジェクションマッピングの開催が決定!

「別冊少年マガジン」で大人気連載中のコミックス『進撃の巨人』。今回、コミックス発行部数累計3000万部突破を記念して、作品の世界を表現する「auスマートパスPresents『進撃の巨人』プロジェクションマッピング」を、4月10日(木)・12日(土)・13日(日)の3日間、神奈川県川崎市のミューザ川崎・ラゾーナ川崎プラザにて開催します。

60m級の「超大型巨人」が都市の中心に“実物大”で出現。エレンやミカサといったキャラクターが「立体機動」を駆使して空を舞います。このイベントをベストビューで楽しめる特別観覧チケットを、「auスマートパス」会員向けにご用意しました。さらに「auスマートパス」では、オリジナルコンテンツ満載の「進撃の巨人 for auスマートパス」が公開中です。

【原作者・諫山創氏からのコメント】
「実物大の巨人をこの目で見られるなんて楽しみです。良い影響を受けて、自分の漫画に生かしたいと思える企画です!」

【詳細はこちら】

【開催予定日時】
2014年4月10日(木)20:00頃~20:30頃~
2014年4月12日(土)19:00頃~19:30頃~20:00頃~20:30頃~
2014年4月13日(日)19:00頃~19:30頃~20:00頃~20:30頃~

【開催場所】
ミューザ川崎・ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場(JR川崎駅西口直結)
※特別観覧チケットをお持ちでない方もご覧になられます。 ただし、安全確保のため入場規制を行う場合もございます。

【「進撃の巨人」プロジェクションマッピング 特別観覧チケットについて】
応募資格:「auスマートパス」会員
応募期間:一次募集 3月1日~10日
二次募集 3月17日~31日
お申込み先と詳細:ぴあの「uP!!!」内特設ページ
https://www.up-now.jp/articles/id/5554 (スマートフォンからお申込みください)

(C)諫山創・講談社講談社/ 「進撃の巨人」製作委員会

この記事はニコニコニュースより引用しています。

ロッテリアやほっかほか亭、リアル脱出ゲームなどと次々とコラボを展開している人気漫画『進撃の巨人』。コラボしすぎていて、新鮮さが少し薄れつつあるのだが、そんななかファンなら大喜びに違いないイベントが開催されることが判明した!

実物大の超大型巨人を見てみたいと思わないか? その夢がかなうかもしれないぞ。神奈川県・川崎市のラゾーナ川崎で、なんと作品のプロジェクションマッピングが行われるという。60メートル級の超大型巨人を建物に投影する。さらに立体機動を駆使した兵士の姿まで登場するのだ。これは見てみたい~ッ!!

・迫力はハンパないはず

このイベントは、同施設のルーファ広場で行われる。過去にもプロジェクションマッピングを行っており、円形の広場を覆い尽くすような巨大映像は圧巻の一言。それが超大型巨人ということになれば、迫力はハンパなものではないだろう。

・エレンやミカサも!

しかも、登場キャラクターのエレン・イェーガーやミカサ・アッカーマンも立体機動で宙を舞うという。これはファンでなくても、興奮するに違いないだろう。イベントの予定は以下の通りである。

・『進撃の巨人』プロジェクションマッピング

日時
2014年4月10日 20:00頃~、20:30頃~
4月12日 19:00頃~、19:30頃~、20:00頃~、20:30頃~
4月13日 19:00頃~、19:30頃~、20:00頃~、20:30頃~
場所 ミューザー川崎・ラゾーナ川崎 ルーファ広場

・「auスマートパス会員」向けの特別観覧チケット

会場は広場なので、自由に観覧できる。ただし、全貌を見渡せるエリアに入るには特別観覧チケットが必要で、「auスマートパス会員」向けにチケットの配布が行われる予定だ。こちらは一時応募(3月1~10日)、二次応募(3月17~31日)の二回に分けて、特設サイトで募集が実施される。また観覧者が殺到した場合には、入場規制が行われるとのことだ。

ちょっといろいろとコラボしすぎている感が否めないが、このようなイベントなら定期的にやってもらいたいくらいだ。もう食べ物とのコラボはやらなくてもいいんじゃないかな~……。

参照元: 「uP!!!」特設ページ

この記事はロケットニュース24より引用しています。

 諫山創の人気漫画『進撃の巨人』(講談社『別冊少年マガジン』連載中)のコミックス(既刊12巻)累計発行部数3000万部突破を記念して、4月10日から3日間、神奈川・ラゾーナ川崎プラザで特別イベント『「進撃の巨人」プロジェクションマッピング』が開催されることが決定した。

 映像を壁やモノに投影する技術で、60m級の「超大型巨人」が都市の中心に“実物大”で出現。エレンやミカサといったキャラクターが「立体機動」を駆使して空を舞う。演出は、東京駅の3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』や東京国立博物館 特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」プロジェクションマッピング『KARAKURI』などを手がけた村松亮太郎 & NAKED Inc.が担当。

 原作者の諫山氏も「実物大の巨人をこの目で見られるなんて楽しみです。良い影響を受けて、自分の漫画に生かしたいと思える企画です!」と期待を寄せている。

◆スケジュール

4月10日(木)後8:00頃~、後8:30頃~

4月12日(土)後7:00頃~、後7:30頃~、後8:00頃~、後8:30頃~

4月13日(日)後7:00頃~、後7:30頃~、後8:00頃~、後8:30頃~

◆開催場所

ミューザ川崎・ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場(JR川崎駅西口直結)

※「auスマートパス」会員向け特別観覧チケットあり。

※安全確保のため入場規制を行う場合あり。

この記事はMSN エンターテイメントより引用しています。

 ファストフード店の「ロッテリア」(東京都新宿区)は、漫画「進撃の巨人」とのコラボレーション企画を3月6日から始める。第1弾は「10m級進撃の巨人捕食セット」(2000円)、20日からの第2弾は「超大型!サシャの芋娘セット」(1600円)となる。

 「捕食セット」は、「進撃の巨人」をデザインしたオリジナルスリーブ付きの「タワーチーズバーガー(5段、7段、10段… 続きを読む

この記事は毎日新聞より引用しています。

 北海道夕張市で開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」で28日、特別シンポジウム「<VFXの伝統>日本が世界に誇る映像技術『TOKUSATSU』」が行われ、樋口真嗣監督が登壇。特撮の道へ進むことになった自身の原点、そして監督就任が発表され「撮影に向け本格的に動き出した」という実写版『進撃の巨人』についても語った。

 VFXプロデューサー・大屋哲男、特撮監督・尾上克郎、VFXスーパーバイザー・佐藤敦紀の3氏とともにシンポジウムに臨んだ樋口監督は、最初のテーマである「私を変えた一つの作品」で、同世代の友人が多く『スター・ウォーズ』に傾倒する中、「『スター・ウォーズ』より面白かった。日本の特撮の延長で違うものをやろうとしていた」として深作欣二監督作『宇宙からのメッセージ』を紹介。

 「『スター・ウォーズ』では壊れなかった敵の戦艦が、『宇宙からのメッセージ』では最後にやられて大爆発する。そこにカタルシスがあった」とその理由を説明した樋口監督だったが、「良さが中学生のボキャブラリーでは伝えることができなった」ため、当時のクラス内で孤立。しかし樋口監督は「今に見ていろ」と思ったといい、『スター・ウォーズ』に衝撃を受けた同世代が多く海外行きを希望したのをよそに、「頑なに海外へ行かなかった」と、『宇宙からのメッセージ』が国内の特撮技術にこだわる現在の姿勢へ繋がったことを語った。

 シンポジウムで費用の掛かるCGに依存せず、特撮技術を活用する必要性を語った樋口監督は、しかし最後に「次やる映画で考えてることとか、こうすべきなんじゃないかということは解決しながら映画を作っていくしかない。大変ですよね。お金がほしいです」と現在の心情を吐露。実写版『進撃の巨人』に関わっているという尾上氏も、「あまりにも乗り越えるべき課題が多い」と樋口監督に重ねて語り、期待される超大作の、やはり完成まで一筋縄ではいかない苦労をしのばせた。

 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」は3月3日まで北海道夕張市で開催。

この記事はMSN エンターテイメントより引用しています。

ロッテリア×『進撃の巨人』限定コラボセット販売決定(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

 ロッテリアが、大人気マンガ『進撃の巨人』とコラボーレションすることが決定。3月6日より「10m級進撃の巨人捕食セット」を、3月20日より「超大型!サシャの芋娘セット」を全国のロッテリアにて数量限定で販売する。

【関連】ロッテリア×『進撃の巨人』限定コラボセットのデザインフォトギャラリー

 『進撃の巨人』は、2009年より「別冊少年マガジン」(講談社)にて連載開始。その後TVアニメやゲームなど幅広くメディアミックス展開され、現在では、単行本の発行部数が3000万部を突破した人気絶頂の作品。

 6日より販売開始となる「10m級進撃の巨人捕食セット」は、『進撃の巨人』をデザインしたタワーチーズバーガーオリジナルスリーブ付の「タワーチーズバーガー」と、「立体機動装置キーホルダー」+ミカサがデザインされた「エビバーガー引換券」、もしくは「半刃刀身型ナイフキーホルダー」+エレンがデザインされた「絶品チーズバーガー引換券」のセット。

 20日から販売開始の「超大型!サシャの芋娘セット」は、『進撃の巨人』をデザインしたバケツポテトオリジナルスリーブ付の『バケツポテト』と、エンブレムがデザインされた3種の「ピンバッジ」のいずれか+「絶品チーズバーガー引換券」、もしくは「エビバーガー引換券」か「フレンチフライポテトL 引換券」がセットとなる。

 付属する3種のピンバッジは、調査兵団、憲兵団、駐屯兵団のうちのどれかであり、また各バーガーの引換券は、リヴァイ、アニ、サシャがデザインされている。

 「10m級進撃の巨人捕食セット」は、3月6日より数量限定販売。価格は、2000円(税込)。

 「超大型!サシャの芋娘セット」は、3月20日より数量限定販売。価格は1600円(税込)。

この記事はニコニコニュースより引用しています。

 ロッテリアが、大人気マンガ『進撃の巨人』とコラボーレションすることが決定。3月6日より「10m級進撃の巨人捕食セット」を、3月20日より「超大型!サシャの芋娘セット」を全国のロッテリアにて数量限定で販売する。

 『進撃の巨人』は、2009年より「別冊少年マガジン」(講談社)にて連載開始。その後TVアニメやゲームなど幅広くメディアミックス展開され、現在では、単行本の発行部数が3000万部を突破した人気絶頂の作品。

 6日より販売開始となる「10m級進撃の巨人捕食セット」は、『進撃の巨人』をデザインしたタワーチーズバーガーオリジナルスリーブ付の「タワーチーズバーガー」と、「立体機動装置キーホルダー」+ミカサがデザインされた「エビバーガー引換券」、もしくは「半刃刀身型ナイフキーホルダー」+エレンがデザインされた「絶品チーズバーガー引換券」のセット。

 20日から販売開始の「超大型!サシャの芋娘セット」は、『進撃の巨人』をデザインしたバケツポテトオリジナルスリーブ付の『バケツポテト』と、エンブレムがデザインされた3種の「ピンバッジ」のいずれか+「絶品チーズバーガー引換券」、もしくは「エビバーガー引換券」か「フレンチフライポテトL 引換券」がセットとなる。

 付属する3種のピンバッジは、調査兵団、憲兵団、駐屯兵団のうちのどれかであり、また各バーガーの引換券は、リヴァイ、アニー、サシャがデザインされている。

 「10m級進撃の巨人捕食セット」は、3月6日より数量限定販売。価格は、2000円(税込)。

 「超大型!サシャの芋娘セット」は、3月20日より数量限定販売。価格は1600円(税込)。

この記事はMSN エンターテイメントより引用しています。

男子1人乗り3回戦 滑走する金山英勢(ソチ)=共同

 ソチ五輪のリュージュ男子1人乗りは3、4回戦が行われ、金山英勢(札幌学院大)は初日から順位を二つ上げて30位だった。フェリックス・ロッホ(ドイツ)が2連覇を果たし、2位はアリベルト・デムチェンコ(ロシア)。3位のアルミン・ツェゲラー(イタリア)は冬季五輪の同一種目では史上単独最多となる6大会連続のメダル獲得となった。〔共同〕

 ソチ五輪のリュージュ2人乗りはトビアス・ウェンドル、トビアス・アルト組(ドイツ)が1、2回戦ともトップタイムをマークして初優勝した。3連覇を狙った兄弟のアンドレアス・リンガー、ウォルフガング・リンガ…続き (13日 2:31)

 ソチ五輪のリュージュ女子1人乗りは後半の3、4回戦が行われ、バンクーバー五輪3位のナタリー・ガイゼンベルガーが1回戦からトップを譲らずに優勝し、ドイツ勢による連覇を5に伸ばした。前回優勝のタチアナ・…続き (12日 3:17)

 ソチ五輪のリュージュ男子1人乗りは3、4回戦が行われ、金山英勢(札幌学院大)は初日から順位を二つ上げて30位だった。フェリックス・ロッホ(ドイツ)が2連覇を果たし、2位はアリベルト・デムチェンコ(ロ…続き (10日 7:44)

この記事は日本経済新聞より引用しています。

 ◇ソチ五輪リュージュ男子1人乗り

 3、4回戦が9日に行われ、金山英勢(ひでなり、23=札幌学院大)は初日から順位を2つ上げて30位だった。フェリックス・ロッホ(24=ドイツ)が2連覇を果たし、2位はアリベルト・デムチェンコ(42=ロシア)。3位のアルミン・ツェゲラー(40=イタリア)は冬季五輪の同一種目では史上単独最多となる6大会連続のメダル獲得となった。

 最終4回戦でようやく納得の滑りができた。五輪初出場の金山は、前半の初日から順位を2つ上げて30位。「もうちょっと練習期間が長ければ、いいのに。やっぱりちょっと悔しい」と苦笑した。4回戦はカーブの出口で焦らずにそりを操作してスピードに乗った。時速135・0キロを記録し、3回戦では53秒220だったタイムを、53秒074まで縮めた。

 マイナー競技の宿命で、活動費の工面に苦心した。レジャー企業による支援オーディションで獲得した100万円を国際大会の出場資金にするなどして、小学校の卒業文集に書いた「五輪出場」の夢をかなえた。過去には大転倒で座骨陥没も経験した23歳は「でも、リュージュを経験して良かった。こういう雰囲気を味わえたことが今後のいろいろなことにプラスになる」と話し、晴れやかな表情を見せた。(スポニチ)

この記事は毎日新聞より引用しています。