『進撃の巨人』兵長役がハマリそうな俳優ランキング

『進撃の巨人』兵長役がハマリそうなのは
 大ヒット漫画『進撃の巨人』が実写化決定。スクリーンの中でどんな世界が広がるのか、期待が高まりますね。そこで今回みなさんに、人気キャラ・リヴァイ兵長役がハマリそうな男性有名人について聞いてみました。
1位:松田翔太
2位:綾野剛
3位:藤原竜也
4位:大野智(嵐)
5位:松田龍平

 「人類最強の戦士」と称されるリヴァイ兵長。圧倒的に強く、普段は冷徹ですが、本当は非常に仲間思いというキャラ。そんな、リヴァイっぽさを持つ男性として最も票を集めたのは《松田翔太》でした。リヴァイはアニメファンだけでなく、一般女性からの支持も圧倒的とか。強いキャラは読者から好かれるものですが、実は優しい面も併せ持つというタイプは、さながら“不良だけど、勉強ができて優しい”のようなギャップを持つ男子がモテる、ということとどこか共通している気がします。天才子役・芦田愛菜と『ライアーゲーム−再生−』で共演後、対談を行った際には、芦田愛菜も《松田翔太》について「たくさん話し掛けてくれて、本当に優しくてうれしかった」と感想を述べたそうで、そんな優しさもリヴァイと共通しているようですね。彼の代表作の一つ『ライアーゲーム』の天才詐欺師役など不思議な役柄がピッタリくる印象も強く、目力の強さや髪形など、どことなくリヴァイと重なる風貌も1位に選ばれた理由でしょう。

 第37回日本アカデミー賞・優秀新人俳優賞を受賞し、俳優として人気実力ともに急上昇中の《綾野剛》が2位にランク・イン。向井理との共演で話題を呼んでいるドラマ『S−最後の警官−』では、警察内に設けられた架空の特殊部隊に所属する腕利きのスナイパー役を好演。仲間と助け合って正義のために戦う姿は、どことなくリヴァイに通じる感も。いずれにしろ「戦う男はカッコイイ」を体現できることが、モテる大きな要因といえそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:5470票
投票期間:2013/12/20〜2014/1/2
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません

この記事はマイナビニュースより引用しています。

全国各地で話題を呼んでいる謎解きイベント「リアル脱出ゲーム」が、人気コミック『進撃の巨人』とコラボ、5月3日(土)の横浜スタジアムを皮切りに、東京、大阪、愛知、福岡、宮城で開催されることが決まった。

「リアル脱出ゲーム」は2007年に初開催、2013年までにのべ68万人以上を動員している、人気の体験型エンターテイメント。今回は『進撃の巨人』の世界観そのままに、「ある城塞都市からの脱出」がミッション。参加者は調査兵団を目指す訓練兵に。新兵勧誘式を迎えたその日、鳴り響く警報音。巨人が城塞都市に侵入した。内地へと続く門が閉まるまで残り1時間。全ての謎を解き明かし、訓練兵ははたして内地へと脱出できるか。

コミックの原作者・諫山創は「読者の皆さんにリアルで体験していただけるイベントをなかなかやれていなかったので、とても嬉しいし楽しみです」と開催に向けてコメント。リアル脱出ゲームの仕掛け人・SCRAP代表の加藤隆生は「このイベントを体験した後で、もう一度「進撃の巨人」を見返してみたときに、また違った味わいが生まれるようなものを創ろうと思います」と話している。

横浜公演は5月3日(土)・4日(日)の2日間開催。チケットの一般発売は3月8日(土)昼12時より。チケットぴあでは一般発売に先かけて、インターネット先行販売を実施、3月1日(土)昼12時から7日(金)午後11時59分まで受付。

■その他の開催
【大阪】5月某日
大阪某所

【愛知】5月25日(日)・6月1日(日)
豊田スタジアム

【宮城】6月22日(日)
楽天koboスタジアム宮城

【福岡】6月27日(金)・28日(土)・29日(日)
福岡 ヤフオク!ドーム

【東京】8月某日
明治神宮野球場

応募する(外部サイト)

この記事はMSN エンターテイメントより引用しています。

 男子1人乗りは3、4回戦が行われ、金山英勢(札幌学院大)は初日から順位を二つ上げて30位だった。フェリックス・ロッホ(ドイツ)が2連覇を果たし、2位はアリベルト・デムチェンコ(ロシア)。3位のアルミン・ツェゲラー(イタリア)は冬季五輪の同一種目では史上単独最多となる6大会連続のメダル獲得となった。

 ▼金山英勢の話 やっぱりちょっと悔しい。欲を言えば20番台前半にいきたかった。スタートはベストじゃない。年明け早々のけが(右手中指)が悔やまれる。(共同)

この記事はスポーツニッポンより引用しています。

進撃の巨人×リアル脱出ゲーム「ある城塞都市からの脱出」告知ビジュアル (c)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

諫山創「進撃の巨人」と、参加型謎解きイベント「リアル脱出ゲーム」のコラボ企画「ある城塞都市からの脱出」が、5月3日、4日に横浜スタジアムにて開催される。

「リアル脱出ゲーム」とは閉鎖された会場を舞台に、隠されたアイテムや暗号を用いて脱出を目指す人気イベント。「ある城塞都市からの脱出」は、プレイヤーが調査兵団を目指す訓練兵となり、城塞都市内に侵入してきた巨人から逃げるべく謎を解き脱出するという設定だ。

このイベントはリアル脱出ゲーム史上最大規模となる、スタジアム級の公演。横浜スタジアムを皮切りに、東京、大阪、福岡、仙台、豊田の6都市で開催される。横浜公演のチケットは3月8日より発売。

「ある城塞都市からの脱出」横浜公演

日時:2014年5月3日(祝・土)、4日(日)
会場:横浜スタジアム
料金:前売3000円、当日3500円

諫山創コメント

読者の皆さんにリアルで体験していただけるイベントをなかなかやれていなかったので、とても嬉しいし楽しみです!

加藤隆生(SCRAP代表)コメント

このイベントを体験した後で、もう一度「進撃の巨人」を見返してみたときに、また違った味わいが生まれるようなものを創ろうと思います。

この記事はマイナビニュースより引用しています。

 リュージュは9日、男子1人乗りの3、4回戦が行われ、金山英勢(札幌学院大)は前日の1、2回戦と合わせた4回の合計タイム3分33秒583で30位だった。
 フェリックス・ロッホ(ドイツ)が2連覇を達成。2位はアリベルト・デムチェンコ(ロシア)、3位にアルミン・ツェゲラー(イタリア)が入った。 
 42歳のデムチェンコはノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(土屋ホーム)と並ぶ冬季五輪最多の7度目の出場で、個人種目では最年長でのメダル獲得。ツェゲラーは1994年リレハンメル五輪から6大会連続でメダルを獲得。6大会でメダルを獲得するのは、冬季五輪で初めて。(時事)(2014/02/10-04:17)

この記事は時事通信より引用しています。

 大ヒット漫画『進撃の巨人』が実写化決定。スクリーンの中でどんな世界が広がるのか、期待が高まりますね。そこで今回みなさんに、人気キャラ・リヴァイ兵長役がハマリそうな男性有名人について聞いてみました。

 ランキングをもっと見る

 「人類最強の戦士」と称されるリヴァイ兵長。圧倒的に強く、普段は冷徹ですが、本当は非常に仲間思いというキャラ。そんな、リヴァイっぽさを持つ男性として最も票を集めたのは《松田翔太》でした。リヴァイはアニメファンだけでなく、一般女性からの支持も圧倒的とか。強いキャラは読者から好かれるものですが、実は優しい面も併せ持つというタイプは、さながら“不良だけど、勉強ができて優しい”のようなギャップを持つ男子がモテる、ということとどこか共通している気がします。天才子役・芦田愛菜と『ライアーゲーム−再生−』で共演後、対談を行った際には、芦田愛菜も《松田翔太》について「たくさん話し掛けてくれて、本当に優しくてうれしかった」と感想を述べたそうで、そんな優しさもリヴァイと共通しているようですね。彼の代表作の一つ『ライアーゲーム』の天才詐欺師役など不思議な役柄がピッタリくる印象も強く、目力の強さや髪形など、どことなくリヴァイと重なる風貌も1位に選ばれた理由でしょう。

 第37回日本アカデミー賞・優秀新人俳優賞を受賞し、俳優として人気実力ともに急上昇中の《綾野剛》が2位にランク・イン。向井理との共演で話題を呼んでいるドラマ『S−最後の警官−』では、警察内に設けられた架空の特殊部隊に所属する腕利きのスナイパー役を好演。仲間と助け合って正義のために戦う姿は、どことなくリヴァイに通じる感も。いずれにしろ「戦う男はカッコイイ」を体現できることが、モテる大きな要因といえそうですね。

 調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施

 投票数:5470票

 投票期間:2013/12/20〜2014/1/2

 ※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません

 このランキングの評価を見る

この記事はZAKZAKより引用しています。

 大ヒット漫画『進撃の巨人』の実写映画化が発表され、配役予想がネット上を賑わせている様子。そこで今回みなさんに、ヒロイン・ミカサ役がハマリそうな女性有名人について聞いてみました。

 ランキングをもっと見る

 美しい黒髪に黒い瞳、きれい系のカワイさを持ちながら、戦闘能力が高く、どちらかというと一見「無口で無表情」なタイプのミカサ。そんなクールさを身にまとうヒロインとして《堀北真希》が1位に選ばれました。彼女は先月主演映画『麦子さんと』の舞台あいさつに登場した際、今年の抱負として「いろいろな役に挑戦していきたい」と自らさらなる成長を望む発言をしたそうで、ミカサ役を演じる彼女の姿を見てみたい、というファンも少なくないでしょうね。

 CM出演から人気が上昇し、最近は映画やドラマに引っ張りだこの《剛力彩芽》が2位にランク・イン。彼女の主演ドラマ『私の嫌いな探偵』では、「ビルのオーナーにして大のミステリー好きの女子大生」という明るいキャラに挑戦中。さらに主題歌を担当し、ダンスも披露しているようで、彼女らしさがそのまま出ている印象も。他方人気マンガの実写映画『黒執事』では女性だということを秘密にしている伯爵をクールに演じ、違った一面を発揮。カワイらしさをしまいこんで、戦闘に命を懸けるミカサを演じる女優として共通する部分は、結構ありそうかもしれませんね。『あまちゃん』で大ブレークし、凛としたカワイさで人気急上昇中の《橋本愛》が3位に。将来が嘱望される女優の一人で、注目度・話題性ナンバーワンの大穴かもしれません。

 調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施

 投票数:11350票

 投票期間:2013/12/19〜2014/1/1

 ※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません

 このランキングの評価を見る

この記事はZAKZAKより引用しています。

諫山創「進撃の巨人」のカプセルトイ「進撃の巨人 絶望と反攻のヴィネット2」が、3月20日頃に海洋堂より発売される。

これは2013年に発売された「進撃の巨人 絶望と反攻のヴィネット」に続くシリーズ第2弾。回転しながら巨人のうなじを削ぐリヴァイを再現した「立体機動の戦士II(リヴァイ)」や、人間をつまみ上げ口に放り込もうとする巨人を立体化した「人を喰らう巨人II」のほか、「二大巨人の闘い」「エレンの戦術的価値を説く」の計4種類がラインナップされた。原型製作は第1弾と同じく榎木ともひでが担当する。価格は1回400円。

この記事はナタリーより引用しています。

ARTFX J エレン・イェーガー

コトブキヤが展開するフィギュアシリーズ「ARTFX J」にて、諫山創原作で単行本累計部数が2,800万部を突破し、TVアニメも大ヒット中の『進撃の巨人』よりエレン・イェーガーの立体化が決定した。

発表と同時に、フィギュア原型の360度回転画像がコトブキヤの公式サイトにて公開。巨人に立ち向かう一瞬のポーズを立体化し、立体起動装置なども細かく造形されている。フィギュア原型は、本日、千葉県・幕張メッセにて開催の「ワンダーフェスティバル 2014 冬」にも展示される。スケールは1/8。

発売日や価格等の詳細は後日発表される。なおコトブキヤは、エレン・イェーガーに続いて、今後はミカサ・アッカーマンやリヴァイといった『進撃の巨人』人気キャラクターを続々とフィギュア化していくという。

「ARTFX J」は、日本から生まれたアニメ、漫画の人気キャラクターを立体化するコトブキヤのフィギュアシリーズで、名作のキャラクターたちを当時一ファンとして追い続けていたコトブキヤの企画者、原型師達がこだわり抜いてプロデュース。これまでに『幽☆遊☆白書』『新テニスの王子様』『劇場版トライガン Badlands Rumble』『遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ』といった作品を人気キャラクターが立体化されている。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

この記事はマイナビニュースより引用しています。

 ローソンがアニメと連動したインターネット戦略に力を入れている。昨年12月末から年初にかけて実施した人気アニメ「進撃の巨人」とのキャンペーンでは、同社のスマートフォン(スマホ)向け公式アプリを使って限定商品などが当たる「スタンプラリー」を実施。1月からは「TIGER&BUNNY」キャンペーンとアプリを連携させ、インターネットと親和性の高い若者を呼び込んでいる。

 同社は共通ポイントカード「ポンタ」の会員に、ローソンの店舗に来店すると使えるWi―Fi(無線LAN)サービスを提供。進撃の巨人では、来店客がダウンロードした公式アプリを立ち上げて店内のWi-Fiに接続すると、アプリ内の「Wi-Fiゲーム」から特別企画のスタンプラリーに参加できるようにした。

 各店ごと1日につき1回限定だが、店舗を訪れるたびにスタンプがもらえる。何度も来店を促すしかけで、スタンプを7個集めるとローソン限定の「待ち受け画面」がもらえるほか、4回目、7回目と回を重ねると、オリジナル缶バッジが当たる抽選に参加できる。

ローソンアプリを開いて店内のWi-Fiにつなぐと劇場版の予告動画が視聴できる

 缶バッジへの当選者数はスタンプラリーへの参加者が多いほど増える。たとえば参加者全員で集めたスタンプが計1万個より少ないなら、缶バッジの当選者数は50人。1万~5万個だと500人に当たる。ネット上で見知らぬ人とも共同でゲームを進めていく感覚だ。

 続いて、8日から公開される「TIGER&BUNNY」の劇場版に合わせ、アプリと連動したキャンペーンも開催。前回と同様、アプリを開いて店内のWi-Fiにつなぐと、動画を再生できる。今後もアニメをきっかけに来店機会を増やすアイデアを作る。

 実際にアプリをきっかけに来店した顧客の7割がそのまま退店せずに、ガムや飲料といった商品を購入するなど、売り上げ増にもつながっているという。広告販促企画部の白井明子氏は「SNS(交流サイト)を使った販促策は、通常のキャンペーンよりも反応が良く、クーポン利用率なども高い」と話しており、アニメとネットの連動で若い層をピンポイントで狙う販促策に手応えを感じている。

 ローソンはスマホ向け無料通話・メッセージアプリ「LINE(ライン)」の公式アカウントで国内最大級の友達数を誇るなど、企業のウェブ活用で先行した。今後はアプリのような、企業が所有する「オウンドメディア」で独自性のある素早い販促策を打ち出す考えだ。

(水口二季)

[日経MJ2014年2月7日付]

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中

人気記事をまとめてチェック >>設定はこちら

 ローソンがアニメと連動したインターネット戦略に力を入れている。昨年12月末から年初にかけて実施した人気アニメ「進撃の巨人」とのキャンペーンでは、同社のスマートフォン(スマホ)向け公式アプリを使って限…続き (2/9)

 ユナイテッドのスマートフォン(スマホ)の画面着せかえアプリ「CocoPPa(ココッパ)」が急成長している。かわいいアイコンや壁紙が世界中の若い女性に人気を集め、ダウンロード数は2000万を突破し、海…続き (2/5)

 アサヒビールとリクルートライフスタイルがスマートフォン(スマホ)を活用して、2月から若者のビール消費拡大に向けた集客に乗り出す。21歳の男女に、ビール1杯無料の特典や交流の場を提供。外食店への送客に…続き (2/2)

この記事は日本経済新聞より引用しています。