調査兵団に扮したKDDI社員

KDDIは12月29日~31日の3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで行われている「コミックマーケット85(コミケ85)」で、マンガ「進撃の巨人」とコラボレーションした電波対策を行っている。事前の告知では、夏のコミケ84と同様に”痛車”化した車載型移動基地局の配備だけとのことだったが、当日は同社社員が進撃の巨人の”調査兵団”のコスプレをして登場。会場では足を止めて記念撮影をする来場者で溢れていた。

調査兵団に扮したKDDI社員は、広報部3名と一般社員1名。そのうち3名は実際に”人間Wi-Fi”として、Wi-Fi基地局として会場内を歩き回ってKDDIユーザーの混雑対策任務に就いていた。

そのうち1名にコスプレについて話を聞くと、「仕事です」と語りながらも、記念撮影の求めにノリノリで応えていた。実際に職務をまっとうしているとはいえ、あまりにも生き生きとしていたので、そちらの方向へと走らないか心配になった筆者であった。

側面だけではなく前後にも細かい施しが

ポーズを取ってくれとお願いすると快く応えてくれたKDDI社員

ここまでやってくれると掲載していいものか心配になった

もちろん、一般来場者からの撮影のお願いにも気さくに応えていた

進撃の巨人の”ミカサ”に扮したコスプレイヤーとの記念撮影やNAVITIMEマンのコスプレイヤーとの記念撮影も

もちろん、コスプレで話題を振りまくだけが彼らの仕事ではない。コミケ84での電波状況を踏まえ、様々な対策強化を行ったという。

車載型移動基地局と屋内の天井に備え付けてある基地局の両面で2GHz帯の電波帯域幅を5MHzから10MHzに増強。これにより、下り最大37.5Mbpsから75Mbpsへと高速化を果たしている。また、車載型移動基地局の配備についても3局増強したという。

LTE基地局の増強だけではなく、人間Wi-Fiについても、”調査兵団”を含む30名が場内を歩き回っていた。ただ、バックボーン回線(Wi-Fiの先の無線回線)は今回もWiMAXとのことで、最新のWiMAX規格「WiMAX 2+」は活用されていなかった。これについては「次回以降は対応していきたい」(技術系社員)とのことだった。

WiMAXルーターを持つ調査兵団。auの旗を持って歩き回る

電波対策によってどの程度速度が出るのか計測したところ、LTE回線は30Mbps前後、Wi-Fiスポットは10Mbpsほどとなっていた。Wi-FiとLTE回戦で逆転現象が見られたものの、一般的な用途であればどちらでも快適な利用ができるといえるだろう。

滅多に見られない基地局上部

普通の人間Wi-Fi部隊ももちろん活躍していた

もちろん、1日に18万人が集まる(公式発表)コミックマーケットでは、他キャリアも対策を取っている。

KDDI関連会社のUQ WiMAXは、10月にサービスインしたばかりのWiMAX 2+の仮設基地局を設置。もちろんWiMAXの対策も行っていた。

UQ WiMAXの基地局

続いては業界の雄であるNTTドコモ。こちらは夏のコミケでKDDIが話題になっていたことを受けて、電波だけではなく”痛車”対策も行っていた。起用したのは「すーぱーそに子」で、ソニコミと呼ばれるゲームのキャラクターだ。少しアダルトな雰囲気も醸し出しており、こちらも多くの来場者が記念撮影を行っていた。

もちろん、人間Wi-Fiについても出動しており、可愛い”ドコモダケ”の旗を掲げたドコモレッドのコートを着た男性が場内を歩き回っていた。

残念ながらラッピング車ではなかった。ドコモにしては冒険した起用との意見も近くで聞こえていた

最後は、ソフトバンク。こちらはコミケに特別な対策をすることなく、お馴染みの”お父さん犬”を起用。”Wi-Fi忍者”と呼ばれる人間Wi-Fi部隊が海上に配備されるという話を聞いていたが、残念ながら筆者は確認できなかった。

お父さん犬は相変わらず可愛い

なお、会場には「KDDIが「au電測バスツアー」を開催 – スピードマニアな”電波狂”が集合」でも紹介した”電波マニア”が、電波を測定するために来場していた。多数の電波マニア仲間を引き連れており、一大勢力を成していたことを最後に付け加えたい。

調査を行っていた電波マニア

この記事はマイナビニュースより引用しています。

アニメの2013年TOP10を振り返ってみる。ランキングは30位まで掲載する。

◆【2013年をニュースで振り返る】BARKSニュース楽器&AV TOP10ランキング

アニメ部門ではやはり『進撃の巨人』の強さが目立つランキングとなった。1位にはテーマ曲を担当するLinked HorizonことRevoとcinema staffの対談、2位はそのRevoのライブレポートと、1-2フィニッシュを決めた。これだけでも強さがわかるのだが、後期テーマ曲が決定したというニュースが24位。さらに、原作もアニメも大人気の『進撃の巨人』はテーマソングも売れに売れている、というニュースが25位と28位にラインクインしているのだから、いかにこのアニメとそのテーマソングが注目された一年だったかがよくわかる。

アルバムのリリース記念イベントで「LINEバブル」大会を開催したという珍しいニュースが3位に入った浜崎あゆみは、来年公開のアニメ映画『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ ─ 終わりなき旅 ─』の主題歌に決定したというニュースでも4位にランクイン。どんな話題でもつねに注目を集めるのがayuらしいところ。

ちょっとさびしいニュースもあった。中島愛の音楽活動の無期限休止が5位、コスプレイヤー・アイドルユニット「パナシェ!」の解散が10位。どちらもまだ人気上昇中だし、活動も順調だったから、このニュースにはがっかりさせられた人も多かっただろう。

一方、相変わらずのバカバカしさを発揮してくれたのが8位のゴールデンボンバー。カプコンのゲーム『オトレンジャー』が楽曲をパクったと抗議したものの、逆に金爆側が『ストリートファイター』をパクっていたことが発覚して謝罪、というニュースだ。しかしこれ、誰もがわかっていたと思うが、当初からのシナリオ通りの展開。ゲームの発売以来、<東京ゲームショウ>への乱入やカプコン側からの謝罪など、1カ月も続いた“茶番”を、ツアーファイナルのバックステージで土下座で締めたというのが、いかにも彼ららしかった。

ちょっと変わったところでは、17位にプログレの大御所イエスがランクイン。しかもその中身はあの名曲「ラウンドアバウト」の話題だ。なぜアニメ部門でイエスがランクインしているのか不思議に思った往年のファンも多いかもしれないが、「ジョジョの奇妙な冒険」のエンディングテーマに採用されたことで、再びセールスを伸ばしているというニュースだ。さすがはロック史に残る名曲中の名曲、40年以上経った今聴いてもやっぱりいいのだ。

text by BARKS編集部 森本

1位【対談】Linked Horizon×cinema staff、『進撃の巨人』を語る「“エレン死んだけど大丈夫か!?”と諫山さんの手の上で翻弄されてました(笑)」 2位【ライブレポート】<Revo’s Halloween Party>はSound Horizon、Linked Horizon人気曲が勢揃い 3位【イベントレポート】浜崎あゆみ、リリース記念の「LINEバブル」ゲーム大会を開催。「真剣にやっちゃった……。あれ?」 4位12年ぶり。浜崎あゆみ、アニメ映画主題歌を歌う 5位中島愛、音楽活動の無期限休止を発表 6位【Kawaii girl Japan/ライブレポート】田村ゆかり、王国民と一体になっての“土下座外交”を敢行。ダブルアンコール成功で大団円 7位UVERworld、新曲が『宇宙戦艦ヤマト2199』 オープニング主題歌に決定「自分達らしさを出すことに専念した」 8位【イベントレポート】ゴールデンボンバーがパクリ疑惑のカプコンに土下座。先に『ストリートファイター』をパクってた 9位MAN WITH A MISSIONが少女漫画と異色のコラボレーション 10位【Kawaii girl Japan】世界初のコスプレイヤー・アイドルユニット「パナシェ!」が解散を発表 11位Perfume、シングル「未来のミュージアム」ジャケット公開。『映画 ドラえもん』とコラボ 12位【Kawaii girl Japan/ライブレポート】水樹奈々が魅せた“殺陣”。興奮のTrick7西武ドーム公演 13位【dwango.jp】ファミコン30周年記念で、「いっき」「マッピー」等のファミコン名楽曲が30円配信に 14位【Kawaii girl Japan/ ライブレポート】<NAONのYAON 2014>開催決定!SHOW-YAプロデュース<NAONのYAON 2013>公演をレポート。 15位cinema staff、「great escape」デカ帯に続いて特典ジャケットも『進撃の巨人』 16位アニメ『ワンピース』主題歌「HANDS UP!」CD盤はコミックカバー風ジャケット 17位イエス「ラウンドアバウト」、40年余の時を経て再評価の熱波 18位Aimer、5thシングル「RE:I AM EP」もトップ10入り 19位【Kawaii girl Japan/ライブレポート】アニサマ3日目。“2013年、最高の夏の締めくくりにしたいと思います!” 20位May’n、中島愛、栗林みな実、KOTOKOら出演。笑顔と興奮の<アニジェネ ~ANISON GENERATION~> 21位【Kawaii girl Japan /ライブレポート】水樹奈々、西武ドームライブにT.M.Revolutionがゲスト出演。第2弾コラボ決定 22位【イベントレポート】T.M.Revolution×水樹奈々、シンガポールにて開催の<ANIME FESTIVAL ASIA 2013>で海外初ステージ 23位坂本真綾、新曲でthe band apartとコラボ。アニメタイアップも決定 24位Linked Horizon、『進撃の巨人』の後期オープニングテーマは「自由の翼」 25位Linked Horizon、「自由への進撃」が音楽チャート首位を席巻 26位『戦姫絶唱シンフォギアG』のライブイベント開催。悠木碧、水樹奈々ら総勢10名が共演 27位DIR EN GREYのギタリストDie、ベジータとロックが合体 28位Linked Horizon、「自由への進撃」から2曲が音楽配信ゴールド認定獲得 29位Perfume、新アーティスト写真は『映画ドラえもん』からコンセプトを得たPOPなデザイン 30位きゃりーぱみゅぱみゅ、クレヨンしんちゃん化現象
◆【2013年をニュースで振り返る】BARKSニュースTOP10特集

ツイート

この記事はBARKSより引用しています。

 グッドスマイルカンパニーは、TVアニメ『進撃の巨人』の人気キャラクター「ねんどろいど リヴァイ」の予約受付を開始した。

 今回、人気アニメ『進撃の巨人』より、ねんどろいど第4弾として人類最強の兵士「リヴァイ」が登場。表情パーツは「通常顔」と気合の入った「攻撃顔」に「見下し顔」が付属。すでに販売されているエレンやミカサと同様に「立体機動装置」、「超硬質スチール」が付属する。

 また、「機動エフェクト」は超硬質スチールを逆手持ちした回転斬りをイメージしたリヴァイ専用仕様となっている。

 さらに、調査兵団には欠かせない「マント」も用意。蹴り上げパーツと「ねんどろいどエレン・イェーガー」を組み合わせて、審議所の名シーンも再現可能となる。

 「ねんどろいど リヴァイ」は2014年6月発売予定。価格は4200円(税込)。

この記事はMSN エンターテイメントより引用しています。

大人気『進撃の巨人』のキャンペーンが全国『ローソン』で12月10日(火)からスタート。ローソン限定オリジナル商品の発売や、対象商品購入でオリジナルグッズが当たるキャンペーンも。今回はオリジナル商品の一部をフォトレビューさせていただきました。
(撮影:ガジェット通信撮影班 フヅキ)

『「進撃の巨人」×「ローソン」キャンペーン 限定オリジナル商品』

『進撃の巨人 ちみヌードル しょうゆ味』
キャラクターのちみキャラが描かれたカワイイパッケージ。全12種類のキャラクターシールが1枚入っています。今回はジャンが当たりました!

『進撃の巨人グミ 兵長のもぐもぐグレープ』
「次にグミを喰らいてぇのは……どいつだ……?」
「ほぅ……このグミ悪くない」
リヴァイ兵長節が全開なパッケージ! グミもかわいい巨人型! 兵長と一緒に巨人グミをもぐもぐしてみては?

『進撃のかむかむジンジャエール味』
人気商品『かむかむシリーズ』とのコラボ! 限定ジンジャエール味は清涼感のあるすっきりとした甘さです。

『リヴァイ兵長の紅茶クッキー』
リヴァイ兵長と言えば紅茶! 紅茶に厳しいリヴァイ兵長も認める大人のおいしさ! ティータイムのお共にいかがですか?

『サシャのお肉 あぶりバーベキュー味』
しっかりしたお肉の風味におもわずサシャもにんまり。ぐるぐるうずまき模様も可愛い! お肉味ですがスナック菓子なのでサクサクたくさん食べられます。

『進撃の巨人チップス』
大容量170g! その大きさは巨人級です! みんなでわいわい駆逐してもいいですし、兵長やミカサのように1人で挑むのもいいでしょう。

『進撃の巨人缶バンク』
キャラクターが描かれた缶の中にはスナック菓子が! 食べ終わった後の缶は貯金箱として使えます、部屋に飾るとおしゃれ?

『進撃の巨人グラス&ゼリー』
すっきりおいしいゼリーとキャラクターが描かれたカワイイグラスのセット。普段使いもできるグラスは、ちみキャラとデフォルトキャラの2種類。

他にもレシートに記載された応募番号を入力することで『ローソン』限定のオリジナルグッズが抽選で当たるレシートIDキャンペーンや、23日~25日までのクリスマス限定企画などが開始中。詳しくは『ローソン』のホームページをチェック。また、これらのキャンペーン商品はなくなり次第終了になるそうなので、店頭へ急いで。

商品情報:『進撃の巨人 ちみヌードル しょうゆ味』

■内容量:39g
■価格(税込):158円
■エネルギー:157kcal

商品情報:『進撃の巨人グミ 兵長のもぐもぐグレープ』

■価格(税込):108円

商品情報:『進撃のかむかむジンジャエール味』

■内容量:30g
■価格(税込):126円
■エネルギー:122kcal

商品情報:『リヴァイ兵長の紅茶クッキー』

■内容量:77g
■価格(税込):105円
■エネルギー:362kcal

商品情報:『サシャのお肉 あぶりバーベキュー味』

■内容量:50g
■価格(税込):105円
■エネルギー:277kcal

商品情報:『進撃の巨人チップス』

■内容量:170g
■価格(税込):228円
■エネルギー:560kcal

商品情報:『進撃の巨人缶バンク』

■内容量:4本
■価格(税込):630円

商品情報:『進撃の巨人グラス&ゼリー』

■内容量:160g
■価格(税込):420円
■エネルギー:92kcal

■キャンペーン期間:2013年12月10日(火)~なくなり次第終了
(c)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

メーカー公式サイト

ローソン

■関連記事

私の特技は肉を…削ぎ落とすことです…駆逐妄想全開『進撃の巨人』マグ発売! イラッとしたらつぶやこう 私は…強い…あなた達より強い…すごく強い! 機動力抜群『進撃の巨人』シザーバッグが発売 『進撃の巨人』後期ED「great escape」初回プレスは“描き下ろしイラスト”のデカ帯付き! フワフワッ! もっちもち~! 国産小麦100%の食パン「ローソン ウチカフェブレッド」が11月8日から発売 これで眠れば誰にも邪魔されない! 『進撃の巨人』リヴァイ兵長の最強アイマスク登場

この記事はガジェット通信より引用しています。

人気マンガ「進撃の巨人」のイラストを車両全体にあしらったKDDIの車搭載型基地局と調査兵団に扮した同社社員

 人気マンガ「進撃の巨人」のイラストを車両全体にあしらったKDDIの車搭載型基地局が、29日からビッグサイト(東京都江東区)で開催中の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)85」に登場した。KDDIがコミケで“痛”基地局を登場させたのは夏のコミケ84に続き2度目で、今回は社員も“調査兵団”のコスプレに身を包み基地局をアピールした。コミケ限定仕様で、31日まで。

 車搭載型基地局は、人が混雑する大規模イベントで携帯電話などの混雑を緩和するために利用する特別な車。コミケのコスプレエリアであるビッグサイト西館の北駐車場にあるKDDIの車搭載型基地局は、「『つながらない』を駆逐してやる!!」と同マンガの名せりふを引用したメッセージとともに車両の全体に「進撃の巨人」の主人公のエレンやミカサ、リヴァイの調査兵団3人と超大型巨人をあしらっている。

 また、基地局が「進撃の巨人」のサークルがある西館の“壁外”に設置されたこともあり、通りかかった調査兵団に扮(ふん)したコスプレーヤーや来場者は「やるじゃんau」「気合入ってる」とつぶやきながらこぞって写真撮影していた。KDDIの担当者は「前回の好評を受けて今回は初めてスタッフもコスプレした。背中には実際にWi-Fiを背負っていて、調査兵団のコスプレと親和性があると思う。電波対策も兼ねて楽しんでいただければ」と話している。

 また、NTTドコモもゲームメーカー「ニトロプラス」の美少女マスコットキャラクター「すーぱーそに子」をあしらった“痛”基地局を設置し、注目を集めていた。

この記事はマイナビニュースより引用しています。

 大みそかに放送される『第64回NHK紅白歌合戦』のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールでスタート。紅白初出場でテレビ初出演のLinked Horizon(リンクトホライズン)は、報道陣を一切シャットアウトした厳戒態勢の“壁の中”で行われた。

 本番のステージでは、「紅蓮の弓矢 [紅白スペシャルVer.]」として、人気アニメ『進撃の巨人』の前期オープニング曲を披露し、同アニメで人類の脅威となった“巨人”が襲来する演出があることはすでに発表されている。

 リハーサルを見た同局プロデューサー・山田良介氏は「アニメーションの世界観は当然出しているんですが、音楽家としての彼のステージパフォーマンスも出せるように、『進撃の巨人』のオブジェやアニメーションが出てきて終わりというのではなく、歌詞の中身を表現したようなパフォーマンスがちゃんと入っていてよくできているなと思いました」と明かし、期待感をあおっていた。

 同番組は、12月31日午後7時15分~11時45分までNHK総合・ラジオ第1で生放送(途中5分間、ニュース中断あり)。

この記事はMSN エンターテイメントより引用しています。

コミックマーケット85でコスプレを披露するコスプレーヤー 写真を拡大

 日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)85」が29日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕し、「コスプレ広場」には人気マンガやアニメのキャラクターに扮(ふん)したコスプレーヤーが集まった。冬晴れの“コスプレ日和”の中、自慢の衣装に身を包んだコスプレーヤーはポーズやパフォーマンスを決め、写真撮影に応じた。

 コスプレ広場では、コミックスのシリーズ累計発行部数が約2800万部を突破し、“快進撃”を続けている諫山創さんの人気マンガ「進撃の巨人」が夏のコミケに引き続き人気で、主人公のエレンなど“調査兵団”に扮したコスプレーヤーがあちこちに出没し、場内を闊歩(かっぽ)していた。また、劇場版がヒットしている「魔法少女まどか ☆マギカ」などの定番のアニメキャラも人気で、コスプレーヤーは笑顔で写真撮影に応じていた。

 コミケは、1975年に始まったマンガや小説・ゲーム・音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。2012年冬の来場者は冬コミケ過去最高の55万人を記録した。初日は、「進撃の巨人」「黒子のバスケ」などのアニメやマンガなどを扱うサークルが出展。また、今回は企業ブースにディズニーやDeNAが初出展する。

この記事はまんたんウェブより引用しています。

話題の“巨人演出”は非公開? 紅白初出場の「Linked Horizon」 写真を拡大

 大みそかに放送される「第64回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、話題の音楽ユニット「Linked Horizon(リンホラ)」が登場。オープニング曲「紅蓮の弓矢」を手がけたテレビアニメ「進撃の巨人」の“巨人”も登場する演出が発表されているが、この日は非公開でリハーサルを行った。リハ終了後の会見やフォトセッションもなく、話題の“巨人演出”の内容は一切明かされなかった。

 「Linked Horizon」は、人気音楽ユニット「Sound Horizon」のサウンドクリエーターのRevoさんのプロジェクト。「紅蓮の弓矢」は20万枚以上の売り上げを記録するなど人気を集めている。

 初出場となる紅白のステージでは、100人を超える“楽団”を率いて「紅蓮の弓矢 [紅白スペシャルVer.]」を披露する予定。NHKでは演出の概要を「“巨人”がNHKホールに襲来、人類の音楽の力を結集しこれに対峙(たいじ)、迫力のステージを繰り広げる」と説明している。

この記事はまんたんウェブより引用しています。

話題の“巨人演出”は非公開? 紅白初出場の「Linked Horizon」

 大みそかに放送される「第64回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、話題の音楽ユニット「Linked Horizon(リンホラ)」が登場。オープニング曲「紅蓮の弓矢」を手がけたテレビアニメ「進撃の巨人」の“巨人”も登場する演出が発表されているが、この日は非公開でリハーサルを行った。リハ終了後の会見やフォトセッションもなく、話題の“巨人演出”の内容は一切明かされなかった。

 「Linked Horizon」は、人気音楽ユニット「Sound Horizon」のサウンドクリエーターのRevoさんのプロジェクト。「紅蓮の弓矢」は20万枚以上の売り上げを記録するなど人気を集めている。

 初出場となる紅白のステージでは、100人を超える“楽団”を率いて「紅蓮の弓矢 [紅白スペシャルVer.]」を披露する予定。NHKでは演出の概要を「“巨人”がNHKホールに襲来、人類の音楽の力を結集しこれに対峙(たいじ)、迫力のステージを繰り広げる」と説明している。

この記事はマイナビニュースより引用しています。

 1966年の姫路大博覧会に合わせ、西欧風の城館を模して作られた手柄山中央公園(兵庫県姫路市)の施設が、アニメや漫画のキャラクターにふんする「コスプレ」愛好者の撮影スポットとして人気だ。

 撮影会には、関西圏を中心に毎回50〜150人集まる。古びた城壁や岩場の様子が人気漫画「進撃の巨人」の世界観に合うといい、公園を管理する姫路市も「公園の新しいPRになれば」と歓迎する。

 この施設はレンガ造りの城館を模した外観で、同公園(約36ヘクタール)内の山上にある。塔や城壁、岩場があり、細い通路やらせん階段でつながり、迷路のようになっている。同博覧会終了後も取り壊されずに残った。

 市によると、数年前から愛好者が撮影に訪れるようになり、公園内に手柄山交流ステーションができた2011年4月以降、同市内の愛好者団体から「撮影会を開きたいので、着替えの場所に多目的ホールを借りたい」と打診があった。当時は、駐車場や公衆トイレで着替えをする人もおり、「トラブルを防げるなら」と同年7月から有料で貸し出すことにしたという。

 撮影会を月1回開いている団体「PIECE」(同市)によると、昨年までの参加者は30〜80人で推移。「進撃の巨人」のヒットの影響で、インターネット上で同施設の人気が高まり、今年夏頃から昨年の2倍近くになっているという。

 22日の撮影会には約70人が参加。会議室で着替えとメークを行い、アニメやゲームのキャラになりきると、塔や城壁、岩場などを背景にして撮影していた。撮影画像は、ツィッターや個人のブログなどで披露して楽しんでいるという。

 初めて訪れたという吹田市の会社員女性(24)は「建物の古びた感じがとてもすてきです。コスプレは普段と全く違う自分になれるし、それが魅力」と笑う。同団体総代表の杉田賢能(よりやす)さんは「本物のヨーロッパの城のような雰囲気のある全国有数のスポット。着替えができる便利さも人気の理由だろう」と話す。(長尾尚実)

 ◆進撃の巨人 巨人の侵略にさらされている異世界を舞台に、主人公の若者らが巨人の群れに立ち向かうストーリー。別冊少年マガジン(講談社)に連載中、テレビアニメにもなった。第35回講談社漫画賞を受賞。

この記事は読売新聞より引用しています。